台風など荒天時の対応について

台風などが接近してきた場合は、速やかに防災委員を招集し、安全対策について協議します。
生徒が安全に登校できなくなるおそれがある場合は「臨時休校」とし、下校前に生徒へ伝達します。

※ 欠席者へは、担任が電話もしくはメールでご連絡します
※ 学校安心メールを登録しているご家庭(保護者の方)へは、一斉送信メールにてお知らせします

  1. 午前6時現在の気象庁の発表(ニュース等)で「特別警報」又は「警報」が発令されている場合は自宅で待機して下さい。
    ※ 波浪・高潮の特別警報・警報は除く
  2. 台風接近などの場合、日常、午前6時前に登校している生徒は、午前6時まで自宅で待機し、
    その時点で判断して下さい。(③参照)
  3. 特別警報又は警報発令の有無に関わらず、「登校することは危険である」「登校が困難(電車の不通や冠水による道路の封鎖など)であると保護者が判断された場合は自宅で待機し、学校へ連絡して下さい。(この場合は欠席・遅刻にはなりません。災害時の安全措置として扱います)
  4. 災害により、自宅が浸水等の被害に遭った場合は、後日、担任に報告して下さい。

「特別警報」とは
「警報」の発表基準をはるかに超える豪雨等が予想され、重大な災害の危険性が著しく高まっている場合、最大限の警戒を呼び掛けること

(2013年8月30日から運用されています)

Site Map
MENU